Table Of Contents

Previous topic

アキバ技研.net

Next topic

FPGAでTFT液晶を制御するキット

This Page

チュートリアル [ハードウェア編]

最終更新日 : 2014/01/04

※本記事は、当方が販売を行っているキットに基づく情報です。

1.概要

当キットの外見的な特徴と使い方についてご説明します。

何かご不明な点が御座いましたら、 kitagami@ArtifactNoise.com までご連絡ください。

2.管理情報

初版:2013/12/29
作成者:ArtifactNoise LLP 北神雄太
分類:ハードウェア,FPGA
開発参加者:北神雄太

4.内容

4.1 全体の説明

液晶基板の表面に乗っている主な部品の説明です。

../_images/001.png
液晶コネクタ:液晶と基板を接続するためのコネクタです。
SRAM:液晶の1画面分を保存する4KBitのSRAMです。
LED:動作確認用のLEDです。
水晶発振機:FPGAのメインクロックを生成する40MHzのクロックです。
独立動作用ジャンパーピン:後述の独立動作用ジャンパーピンです。

続いて、裏面の説明です。

../_images/002.png
電源ジャック:5v入力のDCジャックです。
三端子レギュレータ:独立動作用のレギュレータです。
バックライト用DCDC:バックライトを駆動させるためのDCDCコンバータです。

4.2 液晶ディスプレイの取付方法


../_images/003.png

図の用に、液晶用コネクタの爪を上げて、フラットケーブルを接続します。

ケーブルは、取り返して液晶が上を向く形で接続してください。

奥にグッと差し込み、再び爪を下ろしてカチッてなる様な形で接続してください。

../_images/0031.png

4.3 電源及びUSBプラグに付いて


../_images/005.png

電源はバックライトで使用しています。 バックライトは液晶表示に必ず必要ですので、必ず接続してください。

(接続しないと真っ暗な状態になります)

5V1A(http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-06096/)で十分動きます。 もし電源が無い場合は、乾電池4本(http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-00209/)と、 スナップからDCジャック変換の(http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-06687/)で動作します。 乾電池の場合は少しバックライトが強めになります。

(一応、バックライト用DCDCが5v(MAX 6v)なので、乾電池を直接接続する事はおすすめ出来ないが動くには動く)

(おすすめは充電電池1.2vのeneloopなどを使った方がいいかも)

また、FPGAボードの動作用電源にUSB-MiniBの接続が必要です。 こちらも接続してください。 パソコンに接続すると、いくつかドライバーを必要としますが、開発環境をインストールするまでは特に触らずにいてください。


../_images/006.png

電源5VとUSBを接続し、ようやくテストパターンが表示されます。

4.4 独立動作用ジャンパー


../_images/004.png

今回、FPGAの評価ボードを既製品の物をを流用したため、電源の取り回しが非常に面倒になってしまいました。 初期の状態では、上の項目の電源アダプタとUSBの両方から電源供給が無ければ動きません。 面倒くさいので、裏技ジャンパーを一ヶ所作りました。

半田で、端子同士をショートしてください。

ここから先は、裏技的改造です。 電源がDCジャックでスタンドアローンで動かす時だけ、使用してください。 この状態でUSBを接続しますと、回路的にはFPGAボードに乗っている3.3vのレギュレータと 液晶ボードに乗っている3.3vレギュレータがぶつかりあるので、あまり良い状態ではあります。 ただ、接続してみて特に問題なさそうでしたら、そのまま使ってみるのも有りかもしれません。

(当改造でパソコンのUSBが壊れる事がありますので、なるべくUSB-HUBから接続してください)

この改造を行うことで、USBケーブルを抜いても、液晶の動作が確認できます。

../_images/007.png

6.奥付け

著者情報

作成者:北神 雄太
Twitter:@nonNoise
作成日:2014/01/02
分類:同人ハードウェア
連絡先:kitagami@ArtifactNoise.com
提供:ArtifactNoise http://ArtifactNoise.com